White note 寄稿文(青森県立中央病院脳神経外科)

後に続く県病NEUROSURGEONたちへ
-いつでも明るく朗らかに-

1999年1月1日~2014年3月31日 西嶌美知春

 2013年7月17日に満65歳となり、2014年3月31日には定年を迎えます。高久晃先生、吉本高志先生のご高配により、1999年1月1日に50歳で落下傘降下し、15年3か月を県病で過ごしたことになります。この間、実生会(梅澤邦彦をはじめに34名)及び創志会(富山大学同門会、美野善紀をはじめに9名)、研修医(20数名)など多くの青年医師たちが私を助けてくれました。お蔭様で、本州最北の地:北のまほろば青森で、脳神経外科医として幸せな時を過ごすことができました。夢の中での年月でした。あらためて皆様に深く感謝申し上げます。若者達と携わった手術総数は7490件で観血的手術6326件、血管内手術1164件です。うち脳動脈瘤clipping1434件、脳腫瘍手術811件です。全て頭に焼き付いています。掲載された論文数は218編で、原著114編、症例報告92編、著書(共著)12編です。私自身も外科医として成長させて頂ましたが、若者達が成長してゆく姿を見るのは大きな喜びでした。

さて、私が県病に赴任して、まず初めに感じたことは、青森県病脳神経外科という活動場所は、とんでもない大舞台であるということです。そして決心したことは、この大舞台を背景に、

① 県病脳神経外科を全国区にすること。世界に冠たる施設にすること
② 若者が“県病の誰々です”と胸を張れる施設を創ること
③ 預かった若者を一人前の医師、脳神経外科医に育てることでした。

未だ道半ばですが、佐々木達也を中心に、大輪の花を開かせてくれることでしょう。

この度、40年間の脳神経外科生活から一旦身を引くに当たり、後に続く県病NEUROSURGEONたちへ、感謝を込めて、激励の言葉を贈りたいと考えます。

1)脳神経外科医は医師の中のスター中のスターである。
2)何処で働こうとも、誇りを持ち、胸を張って歩く。
3)教養を深め、人格を磨き、技術を高め、患者と共に生きる。
4)春に咲く花、夏に咲く花、秋に咲く花、冬に咲く花、人それぞれに咲く季節は異なる。焦らない。
5)いつでも明るく朗らかに。
6)愛ひと筋に。
7)家族を大切に。

県病脳神経外科はさらに発展させなければなりません。その爲には、皆が力を合わせることが必要です。縁あって県病で巡り合った医師一人一人が、患者さん一人一人を大切にすることです。臨床家、外科医としての研鑽を一生懸命に磨くことが大切です。
県病脳神経外科への愛惜は尽きません。脳神経外科医としての後半生を県病で過ごせたことに感謝し青森を去ります。また会おう。 

2014年1月27日(月) 青森にて 
青森県立中央病院脳神経外科 西嶌美知春

カテゴリー: blog